ホンダらしさって一体なんでしょうか?よく分かりません

ホンダは最近ホンダらしさがないから駄目なんだとかいうように思っているらしいことをキャッチしました。

ホンダに乗っている身としてはホンダが時代を読み間違えている可能性は高いねと思います。

ホンダの良さは多分タイプRに代表されるようなスポーティーなイメージかもしれません。確かにタイプRは好評のようです。

でもそれってごく一部のファンの意見では?

スポーティーな車種が好きな人達ってごく一部ですから、そういう人達の意見はよく聞こえてくるんでしょうね。

しかし車を買っている人達の大多数はそういう人達の正反対の人達と言って良いです。その人達は別に何も声を高らかに上げないですし車に詳しくないですし、よく分からんが車を勧められて必要だから買ったという人達ばかりです。

そういう人達の意見を汲んでいくのは難しいような気がします。

一体日本人が何を考えているのか分からない、これが大方の意見でしょう。

ただ最近ではスバルが成功していると思います。それは一般ユーザーへの働きにおいて。

かつてはスバルはWRに参戦してスポーツカーのイメージが強かったメーカーです。一時期は方向性をマニアックな方へかじを切り売上を落としていきました。それはなぜかと言えばやはりスポーティーさを求める一部の熱狂的なファンの意見を取り入れていったから。

そういう存在は無視するべきだったのにスバルは普通車にもスポーティーさを加えていきました。その結果が売上減、スバルはマニアのための車というイメージが定着したということです。

アイサイトが企業イメージを一新

スバルは狙ったのか分かりませんがアイサイトという秘密兵器を自動車に採用し始めます。

これが徐々に浸透していってついには安全装備が標準装備となる状況を作り上げました。自動ブレーキ、クルーズコントロールといった自動運転の手前にある機能が自動車に求められています。おかげでスバルは安全性が高いメーカーとして認識されていて売上台数も日本で伸びています。

一方ホンダは国内では軽自動車メーカーに堕していて普通車は完全に劣勢です。未だにスポーティーさを求める一部のコアなファンのためにホンダシビックを復活させました。汎用的なハッチバックタイプの車種がターボ車でハイオク仕様ということでこんなの売れるのか?という状態。確かに見た目は今風で欲しいと思う人達はいそうですが…。

またタイプRは好評で売れているのですがこちらはまさに一定数の少数のユーザーのための車種です。これならスバルも普通車と別枠にWRXの特別仕様車を限定で発売しています。これが少数のコアのユーザーへのあるべき対応なんでしょう。そちらは発売した瞬間に限定数上限に達するようです。

それでもホンダは大メーカーだ

これまでスバルを褒めてきましたがそうは言っても企業規模から考えるとホンダの方が大企業、大メーカーです。

その大企業のホンダが国内向けには軽自動車しか売れていないという状況は打破したいと考えているでしょう。

その解決策の一つとしては何かに秀でることだと言えます。現状でもハイブリッドの燃費性はトヨタに対抗できるレベルですし、外観も遜色ないでしょう。そういったことでプラスアルファなのかなと言えます。

さすがに今から電気自動車というのは難しいでしょうし、本当に電気自動車が全盛になるのか疑わしい話です。また安全装備で1番になるという道も険しいと言わざるを得ません。スバルは低価格車でメルセデスの安全装備に対抗できると言われています。

そうなるとやはりスポーティーに逃げるしかないということになりそうですがそうではない部分で頑張って欲しいですね。そうなると私も次もホンダを買おうかなっていう気になります。今のところはよく分かりませんし、何を買うのか決めてません。

車買取 福島